金融機関が扱う金融商品にも適用されます。
金融への関心がさらに高まっていますが、今日の2021年03月25日から金融消費者保護法施行されるという事実を知っていましたか? この法律が施行され、金融消費者の権利を以前に比べて、より多くの保護を受けることができる基盤が設けられたものなんですよ。金融消費者保護法? この法案は、金融を利用している消費者を保護する目的で、銀行などの金融機関の責任をより深化するということですが、古くからこの問題についての議論は多かったが、国会を通過できず、解決策を見つけられませんでした。しかし、最近DLF事件とライム事態などの金融商品を不完全販売する事故が継続的に発生することにより、法案が可決されたものです。ここで不完全販売とは、顧客に金融商品を販売する過程で商品の基本的な内容に加え、投資の危険性などについて適切に説明せずに販売した行為です。 第一に、ほとんどの金融商品に6つの販売原則を適用する適性原則、適正性原則、説明義務原則、不公正営業行為の禁止、不当勧誘行為の禁止、虚偽および誇大広告を意味する6大販売原則がほとんどの金融商品に適用されるもので、これまでは、これらの販売原則がフォードや変額保険などにのみ適用されたのに対し、これからは預金と融資、保険加入、クレジットカード発行など、ほとんどの金融機関で扱う金融商品にも適用されます … 適合性の原則:消費者の投資傾向と 폰테크 投資経験を考慮して、適切な商品を推薦しなければならない。適正性の原則:消費者が投資を競定した金融商品がその顧客の投資性向や財産など合わないとき、事前に通知する。その二つの原則を守らなかった場合、最大3,000万ウォンの過料が課されることがあります。残りの販売原則を守らなかった時には、懲罰的な課徴金を払わなければならんですが、関連収入の最大50%までなければならないことがあります。 2番目:新しい消費者の権利金融消費者保護法施行による第二の核心は、消費者に新たな権利が生じたということです。まさに違法契約解約権と申込撤回権、資料閲覧要求権ですが、一つ一つ説明いたします。違法契約解除権:金融商品を登録する上で金融機関が6台の販売原則を守らなかった時の契約が締結され、5年以内に終了を要求することができる権利です。これまでは中途買い戻しが不可能だった私募ファンドも違法契約である場合には、解約が可能です。契約撤回権:ファンドやローン、保険などのすべての金融商品の申込みを一定期間内に撤回することができますが、当当ページなどのプリペイドとデビット決済は含まれていません。データ閲覧要求権:金融会社と訴訟や紛争を進める過程で、金融商品販売業者が記録し管理する資料を要請することができたんですが、金融会社で記録および管理するシステムが作成されなければするため、9月25日から要求権施行が可能です。 この法案が施行され、消費者は期待半分心配半分反応をのぞかせていますが、消費者の権限が強化されているのはもちろん良い法を施行するには、まだ準備が少ないされたようだという懸念の声です。特に金融業界では、ガイドラインが曖昧だという指摘まで出たんですが、消費者が違法契約解約権を行使する場合、ある程度まで金銭的な補償が行われるか、どのような行動までが販売勧誘行為なのか、詳細な基準がない混漢だという立場を示しています。

金融への関心がさらに高まっていますが、今日の2021年03月25日から金融消費者保護法施行されるという事実を知っていましたか? この法律が施行され、金融消費者の権利を以前に比べて、より多くの保護を受けることができる基盤が設けられたものなんですよ。
金融消費者保護法?

この法案は、金融を利用している消費者を保護する目的で、銀行などの金融機関の責任をより深化するということですが、古くからこの問題についての議論は多かったが、国会を通過できず、解決策を見つけられませんでした。
しかし、最近DLF事件とライム事態などの金融商品を不完全販売する事故が継続的に発生することにより、法案が可決されたものです。ここで不完全販売とは、顧客に金融商品を販売する過程で商品の基本的な内容に加え、投資の危険性などについて適切に説明せずに販売した行為です。

  • 第一に、ほとんどの金融商品に6つの販売原則を適用する
    適性原則、適正性原則、説明義務原則、不公正営業行為の禁止、不当勧誘行為の禁止、虚偽および誇大広告を意味する6大販売原則がほとんどの金融商品に適用されるもので、これまでは、これらの販売原則がフォードや変額保険などにのみ適用されたのに対し、これからは預金と融資、保険加入、クレジットカード発行など、ほとんどの金融機関で扱う金融商品にも適用されます …

適合性の原則:消費者の投資傾向と 폰테크 投資経験を考慮して、適切な商品を推薦しなければならない。
適正性の原則:消費者が投資を競定した金融商品がその顧客の投資性向や財産など合わないとき、事前に通知する。
その二つの原則を守らなかった場合、最大3,000万ウォンの過料が課されることがあります。残りの販売原則を守らなかった時には、懲罰的な課徴金を払わなければならんですが、関連収入の最大50%までなければならないことがあります。

  • 2番目:新しい消費者の権利
    金融消費者保護法施行による第二の核心は、消費者に新たな権利が生じたということです。まさに違法契約解約権と申込撤回権、資料閲覧要求権ですが、一つ一つ説明いたします。
    違法契約解除権:金融商品を登録する上で金融機関が6台の販売原則を守らなかった時の契約が締結され、5年以内に終了を要求することができる権利です。これまでは中途買い戻しが不可能だった私募ファンドも違法契約である場合には、解約が可能です。
    契約撤回権:ファンドやローン、保険などのすべての金融商品の申込みを一定期間内に撤回することができますが、当当ページなどのプリペイドとデビット決済は含まれていません。
    データ閲覧要求権:金融会社と訴訟や紛争を進める過程で、金融商品販売業者が記録し管理する資料を要請することができたんですが、金融会社で記録および管理するシステムが作成されなければするため、9月25日から要求権施行が可能です。

この法案が施行され、消費者は期待半分心配半分反応をのぞかせていますが、消費者の権限が強化されているのはもちろん良い法を施行するには、まだ準備が少ないされたようだという懸念の声です。
特に金融業界では、ガイドラインが曖昧だという指摘まで出たんですが、消費者が違法契約解約権を行使する場合、ある程度まで金銭的な補償が行われるか、どのような行動までが販売勧誘行為なのか、詳細な基準がない混漢だという立場を示しています。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다